コンテンツの情報価値が的中率80%に繋がると宣言しているのが問題点と言えます。

コンテンツ

 

サードステージ【3rd-stage】には豊富なコンテンツがあります。
的中率が良いか、その情報が良いかを考えると決して褒められたものではありませんが種類だけは多いです。

 

結論から言ってしまうと信憑性が低いサードステージ【3rd-stage】の情報は見ても仕方が無いでしょう。

 

しかし、人によっては参考になる情報があるかもしれませんので各コンテンツを紹介したいと思います。

 

コンテンツの種類

 

サードステージ【3rd-stage】のコンテンツは細かいものを合わせると5つあります。
重賞データ解析室、的中の実績、競馬人のコラム、今週の注目レース情報、プレミアム注目馬です。

 

サードステージのコンテンツとは?

これだけあれば競馬情報サイトとしては十分な情報量を提供していると言えるでしょう。
問題はこれらの情報の価値が的中率80%に繋がると宣言している点です。

 

ギャンブルである競馬レースの的中率が80%になるのは到底信じられない数字です。
しかも一部の情報は無料でも見られますので、有料時にどれだけの価値が手に入るかは甚だ疑問です。

 

1つずつ紹介していくと、重賞データ解析室は結果を並べてあるだけです。
過去の情報を見たい人には役立つかもしれませんが、これが的中率80%に繋がる情報とは言えないでしょう。
的中の実績はサードステージ【3rd-stage】が的中させた実績が見られます。
華々しい実績があるように見えますが、これを見たところで的中率の上昇は見込めないでしょう。

 

今週の注目レース情報に至っては、外部のサイトへ飛ばされるだけという仕様です。
コンテンツが作られてさえ居ない実情にはサイト運営の質が悪いと言わざるを得ません。

 

的中率80%は実現するのか?

サードステージ【3rd-stage】の宣伝には的中率80%とありますが、現実はそんなに甘くありません。
利用者の口コミや評判を見て行くと、10万以上を損した、全然的中しなかった、という声が少なく無いのです。
80%なので必ず的中する訳ではありませんが、口コミを見る限り的中率はもっと低いようです。

 

現実的に考えれば的中率が80%という高い数値になる訳が無いのです。
もし仮にそのような高確率で的中するなら、運営側が大金を稼いでいるはずです。
そもそも有料で他人に情報を売らなくても儲かっているでしょう。

 

はっきりと断言しますが的中率80%は実現しません。
にも関わらず、サイト内で堂々と的中率80%をアピールするサードステージ【3rd-stage】は信頼性が低いのです。
コンテンツの豊富さは感じられるものの、中身はスカスカで価値が感じられないでしょう。

 

またサードステージは競馬アシストと同一運営の競馬情報サイトであり、サポート体制を含めて不安が持たれています。